ファイナンシャルプランニング①

「投資を始めた方が良いと思うが、何を選んだら良いかわからない」

という相談をうけました。

回答としては、いつもこちらで書いている通り

「計画次第、プラン次第で正解は変わります」

ということをお伝えしました。

そこで今回は、私たちの考えるプランニングとはどういったものなのかを改めてお伝えしたい思います。

 

プランニングとは


世間ではiDeCoやNISA等を活用した投資を推奨したり

働き方改革ということで副業を推進したりしています。

また、老後に2000万円必要という問題も話題になりました。

では、それらが全ての人に当てはまるかというと、決してそうではありません。

投資をするべきか、副業をするべきか、老後にいくら必要か…。

 答えは一人一人異なります。 

その答えを導き出すのがファイナンシャルプランニングになります。

 

プランニングの基本


基本は

「今後どのような生活を送りたいですか。」

ということに尽きます。

この質問をすると「一般的な生活をおくれたらそれで良い」と回答される方が多くいらっしゃいますが

果たしてその一般的な生活とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

結婚したいのか否か

子どもは何人欲しいのか

戸建を購入するのか賃貸で暮らすのか

車は必要か否か

何歳まで働きたいのか

どの程度の頻度でどのようなところへ旅行に行きたいのか

皆さんの思い描く 「一般的」にもそれぞれ差 があります。

まずは実現出来るか否かは別にして、理想の生活を考えるところから始めてみましょう。

ゴールを設定せずに走り出してしまうと、途中で走っている理由を見失ってしまいがちです。

 

まとめ


ファイナンシャルプランナーの仕事は

皆さんの理想の状態(ゴール)を明確にし、

現状(スタート)を把握したうえで、

その道筋を描くことです。

 ゴールから逆算することでやるべきことが明確 になります。

節約運用は、あくまでゴールを目指すための1つの手段に過ぎないのです。