保険金のもらい忘れ

無駄遣いというのはよくわからずに、無意識に支払ったお金です。

そして同様に、本来もらえたはずなのに受け取り損ねたお金も無駄遣いです。

保険に加入して保険料を支払ったのであれば保険金を受け取れる権利があります。

受け取れるお金を忘れてしまってはもったいないですね。

 

保険の内容を正しく把握する


保険の選び方において一番大切なことは あなたに合っているものを選ぶ ということです。

今がどのような状況で、これからどのような生活を送る予定なのかは人それぞれ異なります。

そのため、どのような保険が良いのかも当然人それぞれ答えは異なります。

保険は 金融商品の一つであることを認識し、吟味して購入するという意識 を持ってくださいね。

 

ものによっては車や家に次いで多くのお金を支払うことになる場合もあります。

車や家は時間をかけて比較検討しているはずです。

そして自分の車や家のこだわりや良いところは他人に伝えられる人が多いはずです。

保険についても同じように、どんな特徴を持っていていつまでいくらくらいお金を支払うのか、そしてどんな時にお金が受け取れるのか、というのをしっかりと認識しておくことが必要です。

保険料はずっと支払ってきているのにも関わらず、内容をきちんと理解していないばかりに本来受け取れるお金を逃してしまうのは無駄遣いにほかなりません。

 

自宅待機でも受け取れる保険金


以前は火災保険が火事以外にも適用されるのに知らずに申請していない人が多いことを紹介しました。

最近は新型コロナウイルスに関する医療保険の適用が話題になっています。

陽性と診断されて入院された場合は、医療保険が適用されるのではないかとピンときて申請している方が多いようです。

ところが、 自宅やホテルでの療養においても条件を満たすことで保険金の給付対象となる ことがあります。

保険会社の対応の一例がこちらです。

新型コロナウイルス感染症にかかる医療保険の対応について:出典各社HP

こちらも保険の商品性や症状によって対応は各社様々ですので、一度ご自身の担当者もしくはカスタマーサービス等に連絡してみると良いでしょう。

 

まとめ


保険は万が一の時に備えてお金を払ってきたはずです。

ところがいざ万が一の状況を迎えてもお金を受け取らないのであれば、支払う意味は全くありません。

正しく内容を理解して使える権利はきっちりと行使しましょう。

受け取れるはずのお金を受け取り忘れるのは無駄遣いです。