時間を買うその2

時間はお金で買うことが出来ます。

正確にはお金を使うことで時間を効率的に活用する権利を得られるというところでしょうか。

お金の使い方次第で時間やお金が増えるのであればそれは投資の一つだと考えられます。

今回はより豊かになるお金の使い方の例についてお話していきます。

 

お金を払って優先権を手に入れる


日本最大のテーマパークの一つである東京ディズニーランドとディズニーシーで、新たな仕組みが導入されました。

人気の施設がゆえに混雑してアトラクションの待ち時間が数時間になることも珍しくはない両施設でしたが、コロナ禍前まではファストパスという仕組みがありました。

これは事前にファストパスを取得しておくことで、短い待ち時間でアトラクションを楽しめるというものです。

時間の指定や発行の条件はあるものの、無料で取得できるため時間を有効に活用できるものでした。

ところが、コロナ禍でこのファストパスが休止されており、今回新しく導入されたのがディズニー・プレミアムアクセスという仕組みです。

こちらは1回あたり2,000円を支払えば対象のアトラクションを時間指定で予約が出来るというものです。

現在ではまだ対象アトラクションが少ないですが、将来的により多くのアトラクションが対象となった場合にはプレミアムアクセスを利用することで待ち時間を減らしてアトラクションを最大数楽しむという方法がとれるようになるかもしれません。

お金を払う= 投資することで本来は並ぶことに費やすはずだった時間を手に入れて他の事を楽しめる という例ですね。

 

手に入れた時間でお金が増える


前述のようなテーマパークの場合は一緒にいる相手によっては待ち時間も楽しみの一つなので一概には言えませんが

一般的には 時間は有限なので効率化できるにこしたことはありません。 

以前の記事では時短家電等の例を挙げていました。

ロボット型掃除機や食洗器を購入することで時間をうみだせるというものです。

 

当時から3年近く経ち世の中の状況が大きく変化した結果、家でお金を稼ぐ方法も人がとても増えました。

アルバイト以外の副収入の作り方が多様になった現在では、時短家電を購入してうみだした時間で、購入した家電の料金分の収入を得ている人もいるはずです。

これを投資目線で見ると、 元本を回収し終えたので後はただひたすら得しかしない という状況です。

 

また、何か副業に取り組んでいる、またはこれから取り組もうとしている方も時間を買うという考え方は大事にしておいた方が良いです。

例えば独学で身につけるのに半年かかるスキルがあったとします。

一方で、10万円の教材を購入すると2ヶ月で技術を身につけることが出来るとしましょう。

3ヶ月目から毎月5万円収入が上がるのであれば、半年時点では単純に教材の料金を差し引いても10万円分得していますね。

さらに その後の成長スピードを比べるとより大きな差になってくる と思われます。

また、自分が苦手な分野を外注して時間をうみだし、その分でうまれた時間で得意分野により力を入れるというのも効果的です。

営業は得意だけどデータの管理が苦手、対人スキルには自信があるけれどSNS等の運用は苦手、データ分析は得意だけど資料作成は苦手等

自信の得意分野を最大限活かす方法をとることが大事ですね。

 

まとめ


お金を使って時間を得ることが出来れば、使ったより多くのお金が得られる場合があります。

これは立派な一つの投資です。

理想の人生を実現するためにお金と時間が必要な方は多いはずです。

どこに投資するのかを見極める力を磨いていきたいですね。